ファイルメーカーを利用するメリットとは

subpage01

ファイルメーカーを利用するメリットとしてまず挙げられるのが、必要なソリューションを必要な時に、自社で開発する事が出来るという点です。

ファイルメーカー EC2の詳細についてはこちらです。

既存のパッケージソフトを利用する場合、すぐに利用出来る反面、柔軟性が少ない分、自社でカスタマイズするのは不可能というデメリットがあります。

しかしファイルメーカーであれば、それなりの柔軟性を備えているので、自社でのカスタマイズも容易に行えます。その上、カスタマイズにかかる時間も短いとあって、即時性も兼ね備えています。

また、ファイルメーカーを利用すれば、設計、開発、テストといったプロセスのチェックを、プロトタイプを作成するだけで同時に行えます。



一般的なシステム開発では、プロセスを1つ1つチェックして行き、クリアしてから次に進むのが一般的です。


しかしこれではとても時間がかかってしまうので、完成した時には作成時と業務形態が変化してしまって使えないという可能性があります。


その点、プロセスのチェックとプロトタイプの作成を同時に行えるファイルメーカーを利用すれば、システムが短期間で完成します。


しかも開発中の業務形態の変化に対しても、柔軟に対応出来るとあって、完成してすぐに活用する事が出来ます。


このように、ファイルメーカーは変化への対応にも優れているというメリットがあります。

その為、業務形態が変化しやすいシステムや、業務形態の一部がまだ未定のシステム開発であっても、利用する事が出来ます。